ホーム>スタッフブログ>相模大野すまいる症例ファイル  「さがスマイル!」>Case018 しゃがむ作業でひざ痛発症・・・相模大野で整体ここち
相模大野すまいる症例ファイル  「さがスマイル!」

Case018 しゃがむ作業でひざ痛発症・・・相模大野で整体ここち

主な症状:右ひざ痛

 

患者データ:40代 男性 建築業

 

経緯:前日、中腰や低い姿勢で蹲む、膝を床に着けての作業が続き、右ひざに痛みが出現。曲げる動作による痛み顕著、歩行痛、起床時の違和感。

 

医療診断:なし。整形外科等には行かず、直接当院へ来院。

 

当院検査:強い症状のため整形外科的検査は避ける。主として右四頭筋、大臀筋、ハムストリングの筋緊張、右骨盤のAS変位。下部腰椎の可動性減少。

 

当院治療:固まった右骨盤の動きを改善し下肢の連動性を上げる。

 

治療経過:仙結節靭帯を緩め、腸腰筋・大腿筋膜張筋と仙腸関節、臀筋・大腿直筋と股関節、ハム・四頭筋と膝関節のアプローチでストレスを分散。胸腰椎と右上肢を改善。治療後は症状の軽減を自覚。日常生活では問題は殆どないが仕事で酷使すると痛みが出てくる。今後も膝関節の屈曲に関わる全身の連動性維持が必要と思われる。

 

治療見解:休養が少なく仕事量が増えた結果、右下肢の踏ん張りが限界を超えて膝痛を発症したものと思われる。

 しゃがむ際、気を付ける筋肉のポイントを教え、普段から出来る自己マッサージをお勧めする。

 当分仕事量が減らないとの事なので定期的にメンテナンスをするよう助言す。 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sagamiono-seitai.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/42

ページ上部へ